DEMOUR402
大破轟沈した元HPに変わって更新中。
プロフィール

ツヤダシシュウジ

Author:ツヤダシシュウジ
DEMOUR402



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



プロフィール

ツヤダシシュウジ

Author:ツヤダシシュウジ
DEMOUR402



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


暑中お見舞い申し上げます
きょうのいちまいは暑中見舞いとかぬかして落書き魔理沙。
syotyumimai06.jpg
長らく海なんて行ってねえええorz
そしていつもと違う塗り方してみようとしても汚くなるだけだったと言うOTZ

web拍手レス
>真田先輩の口癖(?「なんだとー!」という所に萌えてる自分がいますw
個人的に真田先輩はナンパイベントで株上げましたねえw
あーそういえばペルソナ3、隠しボス倒せないので止まったまんまだ…。
とりあえず会長口説きおとしてからクリアしてしまおう。
めがねっこは口説き落とした後だけど。(外道)

>光収容のサイトから来た、関西ダメ系バンドのものです。
>絵が非常に自分の琴線にきました。
どもですー。関西のイベント等で会いましたらよろしくしてやってくださいませー。

さて最近見た映画書き出し以下チラシの裏
●ブレイブストーリー
映画の尺じゃないよなあ、おもむろに途中カットしてるし
そのおかげで見た目上主人公の異世界に対する価値の重さが軽い軽い。
なのでオチはご都合主義に映ってしまうのがマイナス。
20時間くらいでクリアできるRPGだったらキャラそれぞれに深みも与えられて
そう感じなかったかもと思う事しきり。それこそグランディアになっただろーに。
(キャラクター原案に草琢仁が関わってたのがそう思う致命的な理由ですが)
上映中ずっとグランディアの画面で脳内再構成されてたなあ。
あとラスト近辺の技術でうしおととらの終盤が観てみたいとかも思ったのであった。
それからついでに声優の演技ヘタなのが気になるー。

●時をかける少女
普通にDVDでたら買います。大作名作ではないかもしれないけどこれは気に入ったー。
真琴が感情をストレートに出す愛すべき馬鹿なのがとても好感度高い。
あと監督はハウル途中で降板させられた人だとか何とか聞いたー。
少なくとも内容的にはゲドに一矢報いれたのかもなあー

●パイレーツオブカリビアン2
って書いてあるんだよなあ劇場チケットとかには。まあわかりやすいけど。
前作のネタを重箱の隅ほじくるようにだしてくるだしてくる。ぶっちゃけそんなに覚えてませんよ。
主人公の親父が呪いが解けた瞬間に溺死したであろう事は前作見たときに思ってましたが
ある意味解決してた。
とりあえず映画が次回に続くなら見る前に次回に続くよ、って言っといて欲しい。
終わらせ方がバックトゥザフューチャー2より酷いぜぇ!

●キングコング
画面の奥行きががロードオブザリング並みだー、監督同じだから当然だー、
レンタルで観ずに劇場で観とくんだったー。
でも導入部1時間ははっきり言ってかったるい。
20分で十分ですよ。いや1時間よこせ!と監督は言うのかなあ。
拘束3時間は基本的に拷問だという事を映画関係者は知っておいて頂きたい。
髑髏島行ってからは画面的に面白いシーンが多かったと思う。
おかげで個人的評価は悪くないー。

●シンシティ
パルプフィクションキルビル風味アメコミアクションと台詞を添えて
まあタラちゃん関わってるなら当然か。

●ゲド戦記
まだみてませんー。つうかまともな噂を聞かないのですが…。
高齢のゲド戦記原作者が観た結果気を落として命を縮めるような物でないといいのですがー。
このさいジブリに金入れないようにするのが
今後のジブリの為なのかなあとも思ってしまうのであった。
そんなもの作るより泥まみれの虎劇場版作ってくれー。ちゃんと戦争映画としてね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tuyadasi.blog51.fc2.com/tb.php/45-84f929a0

暑中見舞いについて-日本の心-四季折々の風情を感じ...

暑中見舞い暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために出した手紙のこと。または、知人の家へ訪ねに行くこと。一年で最も暑いこの時期に、相手の健康を気遣うことである。寒中見舞いの逆にあたる。梅雨明けから立秋の間に送り、それ以降は残暑 日本の心-四季折々の風情を感じ...【2007/03/18 09:04】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。